Viva!Magic

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コメントありがとうございます。  

3月10日にコメントいただきましてありがとうございます。
非公開でしたので、記事にして返信させていただきます。




* 非公開コメントの方 *
はじめまして。コメントありがとうございました。
「江藤新平」検索よりお出でくださったようで、どうもありがとうございます!

たくさんだなんて、そんなことないんですよ。まだ読めていない関連本が山のようにあります。自身の知識が足らず、読みたくても読むことが困難な本がいくつもあります。自身に不相応だな~と感じるものはいくつもありますが、それでもいつかは読みたい・読んでやる!という思いから見つけるとつい買ってしまうんですよね(怠惰なもので、今は休憩してしまっているのですが…)。
現在では古書も多く、入手が難しいものや高値のものもあって買い集めるのも大変になりますよね。
私も憧れている方がおり、その方に追いつきたいと思い焦りも出てきますが、やはり難しい。ご自身のペースで楽しんでいきましょう!今気になっている本はどんなものがありますか?

ご紹介ありがとうございます!
曾孫の兵部さんがいらっしゃることは知っていましたが、お会いしたことはなく、またこのようなページをお持ちであることを知りませんでした。すごいご経歴なのですね…!
ご子孫の方々の中に司法の道へ歩まれた方もいらっしゃるようで、そうして脈みゃくと受け継がれていくことを願うばかりです。

コメントありがとうございました!
またいつか佐賀へ遊びに行きたいです^^

category: コメント返し

tb: --   cm: 11

コメント

いま読んでる本

さっそくの返事ありがとうございます。

私が今読んでいる本は司馬さんの『花神』です。
佐賀藩以外のことも知っとかなくてと思い読み始めました。
本当は江藤新平オンリーで読みたいのですがそうなると限りある江藤新平本
が瞬く間に読み終わってしまいそうで少しペースを落とすことにしました。
同時代のほかのも読みつつ江藤新平を深めていこうと思っています。
ちょっと前に読んだのは佐賀偉人伝の『伊東玄朴』です。
実は、来週、仕事で伊東玄朴の生家を調査しにいく予定です。
佐野常民が伊東玄朴の蘭学辞書「ズーフ・ハルマ」を無断で質入れして破門に
なった話は有名ですね~(笑)

りゅうかさんは佐賀とはなにか所縁があるんですか?
佐賀の人でもいまは「佐賀の七賢人」をほとんど知りません。
実は私も一年前まではそうでした~(笑)

URL | 佐賀の人 #LkZag.iM
2016/03/10 18:58 | edit

* コメントありがとうございます *

こんばんは!
コメントありがとうございます。

花神ですか!所持はしていますが、まだ未読なんです。読まなきゃと思いつつ、違う本を読んでしまいます。
佐賀藩以外のことも知っておかなくては、ですって!素晴らしい心構えだと思います。佐賀藩だけに固執するのも良くないと分かっているのですが、佐賀藩にも面白い歴史があるので、どうしても他にも手を出せる余裕がなくて…。また、私はどうも気分にムラがあるため、SFやアクション映画に浸っているような気分になれる小説ばかりを掻い摘んでしまっている次第で…。いけないいけない(汗)。

今普通に出回っている江藤新平関連の本は歳月と佐賀偉人伝・人物叢書・中公新書くらいでしょうか?確かにあまり多くはありませんが、むしろこちらはペースを上げなければいけないくらい遅々として進んでいないのに、ペースを落としているだなんてかっこいい!使ってみたいです!…というより使えるようにもっと読まなくてはいけないですね。精進します!

伊東玄朴!玄朴先生は購入してないです。自身が持っている佐賀偉人伝は七賢人と神陽先生止まりです;しかもほとんど読めていません…(恥)。
お仕事で生家を調査ですか…?!素敵なお仕事…!何かに掲載や出版されたりするのですか?良かったら成果・発売予定などをお仕事に差し支えない程度に教えてください!
佐野さんのこのお話、有名みたいですね!なぜ質入れしたのかの理由がまだ自身は分かっていないので、どうしてそうしたのか気になります。

私は残念ながら佐賀に所縁は無いんです。ただ江藤さんから興味が出てきたというだけで、もし江藤さんを好きになっていなかったら今佐賀を好きでいるかどうかは分からないです。
七賢人という存在は私も二年ほど前に知ったのです。今では神陽先生も含めて八賢人と呼ぶようにもなっているようですね。どちらにしても、佐賀を盛り上げる要因になってくれれば私は嬉しいです…!明治維新150年を迎える2018年にはもっと有名になってくれているといいなぁ!

URL | りゅうか #-
2016/03/10 19:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/03/10 20:52 | edit

* コメントありがとうございます *

こんにちは!

そう仰られてからこちらでも少し調べてみたのですが、歳月からでは田手川の激戦の様子しか見つけられず。簡単にしか目を通していないので見落としているかもしれません。歳月どのページ・章に記載されていますでしょうか?;;もう一度確認してみます;;
また資料を変えて攻防の描写のあるものをいくつか調べてみたところ、どれも「田手川」の名前しかありませんでした。
朝日山のあとの田手川の攻防のことでよろしかったでしょうか?こちらの捉え間違いでしたらたいへん申し訳ありません。
Googleマップで見てみましたが、城原川と田手川は神埼市なのですね。場所的には近いように見えます。筑後川からの分流でしょうか?
どこかでお見かけしたのですが、(ざっくりとしか覚えていませんが)司馬さんは「歴史研究者」ではないため彼の作品に描かれていることをすべて鵜呑みにするのは危険だとありました。話を盛り上げるために創作も盛り込んであるが、あれだけ有名な作品・人物になってしまったため、実際に起こったことのように取り上げる番組などがあるそうです。
魅せる話を描かれますし、すべて本当であると捉えやすいですよね。
でも私にとって司馬さんの歳月が江藤さんに触れる初めての作品でしたから、司馬さんのこと大好きです。この作品でたくさん泣かされました。



玄朴先生にしても大木さんにしても、御縁があったのですね。
設計士さんでいらっしゃるのでしょうか?
玄朴先生は佐賀へ行ったときに何かに触れたことはありませんが、大木さんなら私も少しありますよ。大木さんの誕生地と東京にある大木さんのお墓へはお邪魔したことがあります。大木さんの佐賀のお墓は目的地より遠くて断念しましたが、行こうと画策していたときもありました。
いずれ私がその地へ参るときが来るかもしれません。設計なされた建物に出会うかもしれませんね^^

大木さんに関してそう思われるのは理解できる気がします。ですが江藤さんの次の司法卿でもありますし、義祭同盟や東京奠都のときも一緒のようですから、出仕するようになってから周りに感化され考えが違ってしまったかもしれませんが、それでもずっと江藤さんを支えてくれていたのだろうと信じています。
…ということは、大久保さんに好意を抱いていないということでよろしいでしょうか。私もそうなんです。
もちろん佐賀ではダントツで不人気だと思いますが、あまりそういった話はできないので実際に聞いたことがなくて。
本場の佐賀で大久保さんの話題を出そうものならすごいことになりそうですね!

私には自分の地元の偉人に興味を持っていないので、地元の偉人に興味を持たれることはいいことだと思います!
これからも新平卿を!新平教を!新平狂を!極めていきましょう!

URL | りゅうか #-
2016/03/11 14:44 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/03/11 15:33 | edit

* コメントありがとうございます *

こんにちは!

い、いえ、軽く目を通した程度ですから私も自信はまったく無いのです。
そう思われているということはきっとひっかかりながら読まれていたのだと思いますから、こちらでもう一度読んでみます。ずばりと言える確証がなくたいへん失礼しました;

幼いころから親しんでこられた田手川に過去こんな戦争があったなどの立て看板などはないのでしょうか?
佐賀から脱出し薩摩へ向かう時に利用した船着き場には看板があるらしいので、田手川でもそういったものも見られるようになると嬉しいですね!

司法卿 江藤新平!この本とても面白かったです!
江藤さんというよりは司法と蔓延る政府の悪事の攻防劇みたいな感じでしたが、徹底的に追及していくあたりとても爽快でした!かなり衝撃を覚えた作品でした。
分かります!私も最後の木戸さんは印象深かったです。
そんなこと言っていたらまた読みたくなってしまいました!

そうですよね。佐賀では江藤さんは英雄扱いですからね。
たしかに、鹿児島でも好きでない人多そう。
大久保さんも最後は帰郷出来なかったようですし、後ろめたさは残っていたのでしょうが、それでも。

いいですね!指宿のうなぎ温泉!一度も行ったことがないので、いつか行きたいです!

URL | りゅうか #-
2016/03/11 18:06 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/03/11 19:23 | edit

* コメントありがとうございます *

こんばんは!

う、うわぁ!来ましたね…難しい質問…!
私は翔ぶが如くでの隆さんが演じられる江藤さんが大好きで、隆さんを超える方がいないんですが…。
個人的に良さそうかな?と前から思っているのは、津田寛治さんです。花燃ゆは見られてました?楫取素彦の兄 松島剛蔵さんを演じられていた方です。
ただ津田さんだとすこし威厳が足りないかしら…と思ってしまいますが。

URL | りゅうか #-
2016/03/11 20:12 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/03/12 20:03 | edit

* コメントありがとうございます *

こんにちは。
お越しくださってありがとうございます!

津田さんは脇役で目立つような存在で主演があまり無いのでご存じではないと思いましたが、そう言っていただけて嬉しいです。
香川さんも好きなんです!香川さんも一時期考えたことありましたよ。でもどうしても弥太郎や正岡子規のイメージが拭えなくて。
説き伏せるような口調は合いそうですよね!ご自身も頭が良いそうなので、出来そうですよね。香川さんの場合、幕末明治大河の一役としての出演よりはやはり主演のほうがいいのかな。

そちらのブログは知りませんでした!ありがとうございます。一度見させていただきますね。

URL | りゅうか #-
2016/03/13 16:33 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/03/15 01:02 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。