im Wartesaal

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

戯史三國志 我が土は何を育む。  



今さっき読み終えましたーーー!
程普編からあまり間を空けずに読むことが出来たーーー!
やっぱり、三部作それぞれがどこかにつながりがあると、読んでいてワクワクするね!
*追記*




始め廖淳って誰のことか分からなかったんだけど…(勉強不足丸出し)、廖化のことだったんですね。

廖化の回想がお話とか、それまでの作品とちょっと違う書き方だねー。
姜維に語ってる。蜀の晩年といった感じだ。
いつもと違って面白い構成だったかも。

戯葉なんだけど、そんなちょっとの時間で簡単に人が変わるものなのかな、と思ってしまい。
直前は別人なんじゃないかと思う。惹かれていく方は戯葉でいいんだけど。

前作の主人公程普とどう繋がっていくのかなって思ってたけど、なるほど!
廖化って呉にも居たことがあったんですね。だから最初をそういう出会いにしたんですね。
程普編でのあの時どうだった~ってのがこっちで分かったり。
前作で登場した場面がこちらでも出てきて、リンクしているところがワクワクさせて。
やっぱり、間空けずに読んだことは正解です!(陳宮のとも間空けない方がいいだろうけど)
陳宮編とそれぞれよりも、程普編⇔廖化編のリンク率が多めかな?

劉備、こういう劉備かー!
どこかでもこういう劉備を見たことがあるけど、まだあまり慣れてないので違和感。でも新鮮。

こここ…孔明…!
こんな孔明見たことないなー。“ドS”とあったのが理解出来ました。水魚のイメージ覆るわー。
八陣のトリック面白かった!

最後の戯葉はちょっと無理矢理なんじゃ…と思ってしまった。…夢が無いのかな私。

ジーンとくるところはあったけど、涙するとこは無かった。
盛り上がるところは足りなかったと思う、でも、だら~っとして読むとこも無かったかな!
章が多く、区切りやすくて有難かった。

廖化か…。廖化のこと、ちょっと舐めてたかもなぁ。。。申し訳ない。
素敵な廖化像でした。



三部作、終わったーーー!
発売から随分と日が経っており、今更感ですが、全て読み終えることが出来て私は満足した!
ちょっと陳宮編読みたくなってきたよ。

category: 三国志

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。