im Wartesaal

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新たに彩を加えて。  

なんだって。
表紙が…ズルいでしょ。
持ってるのに…。

書き下ろしなんてキーワード見たら、尚更欲しくなっちゃった。
やっぱり、止められなかったよね。


新潮文庫の吉川英治 三国志。
表紙を手掛けるのは、長野剛先生でした。



全10巻まで長野先生のイラストが拝めるのかと思ったら、我慢する理由なんてないよなって。
我慢する方が勿体ないよね。
素敵な表紙、これから楽しみです♪
どの武将が表紙を飾るのかな?♪


私が初めて読んだ三国志の本は吉川三国志でした。もう数年読んでないなぁ。
きっと忘れてるとこもあるだろうし、あの頃とは違う思いもあるかもしれない。
買った記念に、また読みたいな。
王道だし、文面も優しいし、 今ならあの頃に比べて多少読みやすいんだろうな。楽しみだ。

category: 三国志

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。