FC2ブログ

im Wartesaal

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

捨てられない雑誌ってあるよね。  

moblog_782597bb.jpg
ずっと保管してあるこのオンゲー雑誌。
兎に角大好きな雑誌です。
今日たまたま目に入り,懐かしくなって引っ張り出してみました。
いつも思い出すことがあるの。


…まだ三國志Onlineがβ中の雑誌だよぉ?わぁ☆★
雑誌買ったのは,
「あ!これってKOEIさまのゲームだよね?」
(パラパラ…)
「あ!なんか劉備載ってる!!可愛い!!曹操もだ!!でもなんかちょこっとだけ無双の雰囲気と違うかな?でもいいや♪無双BBについても載ってるし買っちゃおう!!」
ってな具合で買ったんだよ。
今なら買うの躊躇うのにな。
で,雑誌買ったあと家のスキャナーで劉備と曹操を待ち受けにしてたんだよ。劉備にするか曹操にするかで悩んでたときあった!…これも懐かしい!!


“今度こんなオンラインゲーム始めます!”(β募集してたとき)とサイトが生まれ,キャラクター紹介があって,
「夏侯惇なんか被ってるから雰囲気違うなぁ〜。あ!許チョとか全然違うし!だけど張遼カッコいいな♪」
「劉備雰囲気違うけど可愛い!!趙雲とかなんか白いしらしくないなぁ。」
「あはは。なんか孫権の衣装が3のに似てる〜!!」
とか思ってたんだ。あのページが凄く好きで,プリントスクリーンしてなんとかしてページ保存しようとしたくらい。
βのときは三國志OnlineというよりKOEIさまの無双に似てるオンラインゲームという意識しか無かったかな。
このあとβテストプレイに申し込んで当選して,やったぁ!いざやるぞ!とPCでやろうとしたらスペック足らなくて起動出来ない〜!ってなったんだった。
で,それからあんまりPCやらなくなったんだよね。据え置きに夢中になってたのか,はたまたスペックがキッカケかどうか忘れちゃったけど。
で,βをやることないまま本プレイが始まって,だけどスペック足りないからやれなかった。それからPCが変わり出来るようになって始めたら…。
結局はもう終了してしまったんだけど。そんな出会いからの終了だから…悲しいかな。
久々のオンラインだったし(初めてクロノスというオンラインをやって,無双BBの範囲が拡大して一般にも出来るようになったころに無双BBはじめて(スペックはギリギリ大丈夫だった)負け続けて嫌になって自重,ゆくゆく無料に釣られ三Onへ),自分もかなりレベルが上がってただけに…。出会いも楽しかったし。
いちばんやりこんだかな。
正直今でもやりたい…。仲間と変な別れ方しただけに…余計未練があるな。



…恋は盲目と言うけれど,まさにそれだよ。無双とKOEIさましか知らなかったあのときの私は強いな〜(笑)。
今みたいに無双から遂に三国志へと手を伸ばす!!のも悪くないと思うけど,無双とKOEIさましか知らなくてこれだけできゃーきゃー言ってた高校時代が懐かしいな。ある意味幸せだったかもしれないな。
勿論無双の前にテイルズが入るんだけど,それまで“やんわりゲームが好きです(任天堂の可愛い系ばっかりだったもんな)。でもディズニーマニアです!!”という私が人が変わったようにこっち方面のヲタク道まっしぐらになったのは無双と言っても過言ではないもんな(高校のときの友人によく言われる)。


そういうときもあったなぁというのを思い出しました。
懐かしくてしみじみ…。
昔の“三國無双話”のカテゴリ見ると…くっだらんすぎる話か書いてないもんな。でも,三國しかやってなかったもんな。

ディズニーしか知らない地味で目立たない,だけど目立ちたがりな私が,当時付き合ってたやつに教えてもらった三國無双の面白さに目覚め,それから三國無双に恋しちゃって,兎に角毎日三國無双!!な日々になって…。KOEIさまを狂ったように好きになって,将来働きたいなって思えて専門にも通って………挫折(をい
…でもいいひとときでした。今よりも無双に盲目だったであろうあのとき。出来るなら今も味わいたいです(笑)。



たくさんという程ではないけど,そこそこゲーム雑誌を買ってきましたが…この一冊は,そういったことを思い出すので捨てられない…というか捨てようと思わない一冊です。唯一残っているかも。
表紙のクオカード?だかテレカだかが欲しくて応募券が切り取られていました(笑)。

ふふふ。懐かしいなぁ。
兎に角人生変わった。そんなKOEIさまがとっても大好きです!!

category: KOEIさま

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。