Viva!Magic

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

140年前の今日。  

こちらでチラと述べたことがあったけれど、私が江藤さんに興味を持ったのは、たまたま梟首写真を見てしまったから。
あの衝撃は今でも忘れられない。
今よく、江藤さん関係のキーワードで検索かけるけれど、梟首の画像が出てくると目をそむけてしまう。好きなわけ、ないよ。

でも。

もし、江藤さんが梟首刑でなかったら、私は江藤さんに興味を持ったのであろうか。
事実梟首であって、でも写真として残っていなかったら、文献だけの語り継がれならば、私は江藤さんに興味を持ったのであろうか。

と、考えていました。
どうなのだろう。
その後どう転覆してくれるかで変わってくるかもしれないけれど、
私は、一足早く散っていってしまった佐賀んもんに、興味を示さなかったのではないかと思うのです。

江藤さんにとっての最期が私にとっての最初となるのは、とてもいいキッカケとは言えないけれど
でも、衝撃的なキッカケではあっただなんて、私はどうかしているのでしょう。

そんなお姿で興味を持たれてしまったのは、本望ではないでしょう。
考えるたびに、申し訳なさばかり残ってしまいます。





私が江藤さんに興味を持ち出して・好きなってから、まだ一年も経っていない。
まだまだ分からないことばかりで、知識の無さと勉強不足に愕然とする日々。でも、興味は尽きない。

私は、それがそのお姿であろうと江藤さんに呼ばれたのだから、これからも書生のようにいろいろ学ばせていただこうと思っております。
頭が悪くとても不出来で、いつになったらおおかたの流れを理解できるのか分からないけれど。



そんな今日 2014年04月13日は、
江藤さんが刑死された日から140年。
江藤新平さん、心よりお祈りもうしあげます。
スポンサーサイト

category: ひとりごと

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。